梅ノ木稲荷

梅ノ木稲荷

皿沼の鎮守神として、江戸時代初期に当院が創建された祈り境内に勧請された稲荷社です。
御神体が梅の木で刻まれていることから「梅ノ木稲荷」として近隣の人々の信仰を集めてきた。
梅の木は天満宮の御神木であることから、当社も知恵増進の効験があると伝えられている。

PAGE TOP